JA新潟厚生連 小千谷総合病院

休診日
カレンダー
診療予定表
休診日
土日祝・年末年始・8月特別休日
お問い合わせ
0258-81-1600
予約専用電話
0258-81-1610
(病院診療日 14:00~16:00)
メールアドレス
info@ojiya-ghp.jp
休診日カレンダー 診療予定表 予約する 電話をかける

診療科案内
MEDICAL SUPPORT DEPARTMENT

耳鼻咽喉科

概要

 耳鼻咽喉科では、耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、顔面、頸部の疾患について診断・治療を行っています。
 具体的な病名としては、中耳炎、難聴、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻出血、扁桃炎・咽喉頭炎、声帯ポリープ、耳・鼻・咽頭異物などが挙げられます。頭頸部領域の腫瘍性病変の診断および検査も可能ですが、手術など腫瘍性疾患の治療に関しては対応可能な病院に紹介させていただきます。

 また、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎などの上気道急性感染症や突発性難聴、顔面神経麻痺などの急性期入院加療を行っており、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡手術や声帯ポリープに対しての喉頭微細手術、小児の滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術などの全身麻酔での手術加療も行っています。

 外来診療は基本的に1名の常勤医で行っておりますが、週に一回新潟大学病院から助勤医師が来院しています。耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頸部の各疾患に対して手術治療も行います。ただし上述の腫瘍性疾患などをはじめ一人の医師のみで対応できない場合は長岡市内の総合病院や新潟大学病院などに紹介させていただきます。

概要

診療内容

 耳鼻咽喉科では、耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、顔面、頸部の疾患について診断・治療を行っています。当科であつかっている各領域の主な疾患に関していくつか記載いたします。


●耳疾患
 急性中耳炎
 多くの場合、急性上気道炎などに罹患した後に耳管経由で中耳腔に感染を生じ、急性炎症に伴って耳痛などの症状を生じます。通常は内服や点耳薬などで治癒しますが、症状が重篤な場合には点滴や鼓膜切開などの治療が必要となることもあります。

 

 外耳炎
 多くは耳かきの際に傷つけたり、耳の穴を強く擦過したりすることによって生じます。点耳薬で改善することが多いですが、重篤な場合には抗菌薬の内服や点滴などの治療が必要となることもあります。

 

 滲出性中耳炎
 急性炎症を伴わず、鼓膜が陥凹し中耳腔(鼓膜の奥)に貯留液が貯まってしまう状態が生じ、聞こえづらくなるなどの症状がでます。内服にて加療しますが、改善しない場合には鼓膜切開を行い、さらに難治な場合には鼓膜チューブ留置を行います。
 患者が小児で外来でのチューブ留置が困難な場合には、入院して全身麻酔でチューブを挿入しています。

 

 慢性中耳炎
 鼓膜穿孔が残存して閉じなくなってしまった状態です。穿孔が大きくなるとより聞こえづらくなってしまい、また、穿孔があることで耳漏を生じやすくなったりもします。現在当院では、手術器械がそろっていないため鼓膜形成術は行っておりませんが、手術加療が有効と考えられる症例は、手術可能な近隣の病院を紹介させていただきます。

 

 難聴
 加齢に伴って進行するもの以外にも先天的に生じるものや突発的に聞こえが悪くなる突発性難聴などがあります。当院では、耳音響放射や聴性脳幹反応などの検査も可能であり、必要に応じてこれらの検査やMRI検査なども行います。
 突発性難聴は、発症早期にはステロイドなどの投与が有効とされており、内服や点滴で加療を行います。めまいを合併していたり、難聴の程度が高度であるなどの症例では、入院での点滴加療を行う場合があります。早期であっても薬剤投与によって100%治癒するものではありません(完全に治癒する確率は30%程度といわれています)が、できるだけ早く治療を開始した方が良いと言われています。

 加齢に伴った難聴など治療困難な難聴で聞き取りに不便を感じている方には補聴器の装用がQOLの改善に役立ちます。当院では補聴器相談も行っていますので、聞こえが悪くなって気になっている方はスタッフに声をかけてください。

 

 末梢性顔面神経麻痺
 原因不明のベル麻痺が最も多く、水痘‐帯状疱疹ウイルスにより生じ耳痛やめまい・難聴なども同時に出現することがあるハント症候群と呼ばれる病態もあります。麻痺がひどい時はステロイドや抗ウイルス薬の投与を行います。特に麻痺の程度が強い場合など、状態によっては入院しての点滴治療を行う場合もあります。この疾患も早期の治療開始が大切です。
 また、顔面神経麻痺は中枢性に生じることもありますので、当科を受診していただいても中枢性顔面神経麻痺(脳梗塞など)が疑われる際には検査のうえ、治療可能な医療機関に紹介させていただく場合があります。

 

 めまい
 様々な原因によって生じます。
 耳鼻咽喉科領域に原因のあるものとしては三半規管の異常で頭を動かしたときに短時間のめまいを生じる良性発作性頭位めまい症やウイルス性の炎症によってめまいを生じる前庭神経炎、内リンパ水腫によってめまいや難聴などを生じるメニエール病などが挙げられますが、聴力検査や眼振検査などを行いこれらについて調べます。

 また、めまいも中枢性に生じることもありますので、当科を受診していただいても中枢性めまい(脳梗塞や脳出血など)が疑われる際には検査のうえ、治療可能な医療機関に紹介させていただく場合があります。

 


●鼻疾患
 アレルギー性鼻炎
 水様性鼻汁、反復性くしゃみ発作、鼻閉を三主徴とする鼻炎で、原因抗原で通年性と季節性のものに分けられます。季節性のものとしてはスギ花粉症が最も有名ですが、初夏のカモガヤ花粉によるものや秋のブタクサ花粉などによるものもあります。治療は、まずは抗アレルギー薬の内服や点鼻薬による保存的治療を行います。
 また、原因抗原の回避と除去が有効であり、可能な限りこれを行っていただくことも必要です。原因抗原については血液検査で調べることも可能ですが、3割負担で5000円程度の費用が必要となりますので、希望される方のみ行っています。
 保存的加療で改善しない方には、日帰りでの外来レーザー焼灼術や入院での粘膜下下鼻甲介骨切断術も行っています。

 

 慢性副鼻腔炎
 細菌感染などに伴って生じるものやアレルギーに関連して生じるものがあります。抗菌薬や消炎剤、抗アレルギー薬や点鼻薬などを使用してまずは保存的に加療します。
保存的治療に抵抗性を示し改善しない場合には、入院で内視鏡下鼻副鼻腔手術を行っています。この手術は基本的には全身麻酔で行っていますが、合併症などがあり全身状態に問題のある方の場合は局所麻酔で行うこともあります。手術を行う場合、入院期間は9日~10日間程度です。

 

 術後性上顎嚢胞
 かなり以前に副鼻腔炎で手術を受け、歯槽部(歯茎のところ)から切開をされた患者さんの中には、術後数年から数十年を経て頬部などにのう胞を生じ、それが腫れて痛みなどが出る方がいます。痛みなどを生じる方で画像検査を行ってのう胞が確認された場合、根治的に治療するには手術加療が必要です。のう胞が鼻腔内から開放できそうな場合には内視鏡下に手術を行いますが、のう胞の位置によっては再度歯ぐきを切って手術しないといけない場合があります。
 内視鏡下に対応できる場合には当院で手術を行いますが、歯ぐきを切る必要がある場合には、他院に紹介させていただく場合があります。

 

 鼻骨骨折
 外傷によって外鼻の変形を生じた場合には手術治療を行いますが、ひびが入った程度であったり変形が軽度であったりする場合には保存的に経過観察する場合があります。
 変形の程度によっては他院形成外科に紹介させていただく場合もあります。

 

 鼻出血症
 鼻出血はその多くは鼻中隔の前方から出ていることが多く、鼻翼を強く圧迫してもらうことで止血することが多いですが、他の部位から出ていたり出血の勢いが強かったりなどで止血困難な場合があります。
 鼻出血があった際には、まず、自宅であおむけにならず、いすなどに腰かけてややうつむき気味の姿勢をとり、鼻翼を強く圧迫してみてください。15分以上圧迫を続けても止血困難な場合には受診を考えてください。
 鼻腔内に詰め物をしたり、出血点が明らかな場合にはその部位を焼灼するなどして止血します。診察しても出血点がはっきりせず、止血困難な場合には入院して点滴などを行わせていただく場合もあります。

 

 

●咽喉頭疾患
 急性咽喉頭炎・急性扁桃炎
 ウイルスや細菌感染などによって咽喉頭や口蓋扁桃などに急性炎症を生じた状態です。
 軽度であれば消炎鎮痛剤や抗菌薬などの内服で治癒しますが、症状がひどくなって食事をとれなかったり水が飲めなかったりなどの状態になった場合は、入院しての点滴加療が必要となります。
 急性扁桃炎はさらに悪化すると扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍といった状態になる場合もあります。これらの状態では通院や入院しての点滴加療が必要であり、膿瘍ができている場合には切開排膿が必要となる場合もあります。
 また、咽頭痛に加えて息苦しいなどの症状がある場合には喉頭浮腫を生じている場合もあります。喉頭浮腫を認める場合、これが悪化すると窒息する恐れもあるため入院しての点滴加療が必要となります。点滴治療を行っても症状が悪化して腫れがひどくなったり、最初の段階で腫れが極めて高度で窒息の危険性が強い場合には、気管切開術が必要となる場合もあります。

 

 声帯ポリープ・声帯結節
 強い声を出したり常に大きな声を出している方の中には、声帯にポリープができたり、声帯の一部が硬くなって結節を生じるなどして声がかすれてしまう方がいます。
 最初は消炎酵素剤などの内服で保存的に加療しますが、改善しない場合には手術治療を行う場合があります。全身麻酔で喉頭微細手術を行い、ポリープなどを切除します。この場合、入院期間は8日間~9日間程度です。

 

 咽頭異物(魚骨など)
 魚を食べた際に骨が刺さってしまって取れないことがあります。咽頭痛が強いとご飯をのみこんで骨を取ろうとする方が多いですが、状態によっては骨がより深く刺さってしまう場合もあります。
 鏡で口の中を見たり、ご家族に見てもらって、取れそうな場所に魚骨などの異物がある場合には直接取ってもらってよいですが、痛みがあるのに骨などの異物が見えないなどの場合は遠慮せず受診してください。
 喉頭ファイバーなどを用いて観察し、異物がある場合にはこれを除去いたします。


●頸部疾患、頭頚部腫瘍など
 頸部リンパ節炎
 急性炎症に伴い頸部リンパ節が腫脹し、疼痛や発熱などを生じることがあります
 診察して腫瘍性疾患の可能性が低いと考えられたものに関しては、消炎鎮痛剤や抗菌薬などの内服で保存的に加療します。

 

 顎下腺唾石症
 顎下腺という下顎部にある大きな唾液腺の管などに唾石というカルシウムの石ができることがあります。唾石があると食事の際や食事直後に下顎部が腫れて痛みを生じることがあり、これを繰り返す場合があります。このような場合唾石を摘出する必要があり、CTなどの画像検査で唾石を確認できた場合、手術治療の対象となります。
 唾石の位置が一定以上深い箇所にある場合には入院して全身麻酔での手術を行います。傷の程度によりますが、この場合入院期間は4日間~8日間程度です。

 唾液腺良性腫瘍(耳下腺腫瘍や顎下腺腫瘍など)
 耳下腺や顎下腺などの大唾液腺には良性腫瘍を生じることがあり、特に痛みは生じないものの徐々に大きくなってくることがあります。
 悪性でなくても大きくなってきた場合に整容上の問題を生じる場合もあり、また、顎下腺腫瘍などの場合には長期(数年~十数年程度)に経過観察していると悪性変化を生じる例も5%程度あると言われており、状態によっては手術での摘出が必要となります。
 当科でもCT、MRIなどの画像検査や穿刺細胞診などの検査を行うことができます。手術治療が必要と判断された場合には手術可能な長岡市内の病院などに紹介させていただきます。

 

 頭頚部悪性腫瘍
 耳鼻咽喉科領域では、外耳道(耳の穴に生じる)外耳癌、副鼻腔の上顎洞に生じる上顎癌、頬粘膜や口腔底および舌などに生じる口腔癌、鼻の奥の咽頭上部から生じる上咽頭癌、口蓋扁桃や舌根および軟口蓋などから生じる中咽頭癌、食道入口部にあたる下咽頭から生じる下咽頭癌、主に声帯から生じる喉頭癌、耳下腺顎下腺などの唾液腺から生じる唾液腺癌、甲状腺から生じる甲状腺癌などもあつかいます。また、悪性リンパ腫などで頸部リンパ節腫脹を生じた場合の頸部リンパ節生検もあつかっています。
 当科ではこれらの疾患に対してCTやMRIなどの画像検査や生検などの検査を行うことはできますので、これらの疾患について心配されている方はご相談ください。しかしながら、現在当科では耳鼻咽喉科常勤医が一人であり、悪性腫瘍の治療は行っておりませんので、もし悪性腫瘍の診断が確定した場合には、長岡市内の総合病院や新潟大学病院などに紹介させていただきます。

 

 


 新潟県厚生連小千谷総合病院の耳鼻咽喉科には、常勤医師は1名のみが在籍しています。新潟大学医歯学総合病院から外来助勤の医師に週に1回着ていただいておりますが、その時間帯以外には医師1名で診療を行っておりますので、処置などが必要な患者さんがいる場合お待たせすることも多いかと思います。この点につきましては平にご容赦のほどよろしくお願い申しあげます。
 また、当院での処置および治療が困難な症例につきましては、上述のように長岡市内の高度急性期病院との連携を取りつつ対応させていただきますので、この点につきましてもご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

部長 吉﨑 直人

部長 吉﨑 直人
学歴:
2002年(平成14年) 東北大学医学部卒業
2010年(平成22年)医学博士(東北大学)

専門・資格:
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
身体障害者福祉法第15条指定医

所属学会:
日本耳鼻咽喉科学会
日本喉頭科学会
日本気管食道科学会
日本耳科学会
日本聴覚医学会
耳鼻咽喉科臨床学会 など

 耳鼻咽喉科では、耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、顔面、頸部の疾患について診断・治療を行っています。
 具体的な病名としては、中耳炎、難聴、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻出血、扁桃炎・咽喉頭炎、声帯ポリープ、耳・鼻・咽頭異物などが挙げられます。頭頸部領域の腫瘍性病変の診断および検査も可能ですが、手術など腫瘍性疾患の治療に関しては、対応可能な病院に紹介させていただきます。
 また、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎などの上気道急性感染症や突発性難聴、顔面神経麻痺などの急性期入院加療を行っており、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡手術や声帯ポリープに対しての喉頭微細手術、小児の滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術などの全身麻酔での手術加療も行っています。
 診療は基本的に1名の常勤医で行っておりますが、週に一回新潟大学病院から助勤医師が来院しています。
耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頸部の各疾患に対して手術治療も行います。ただし上述の腫瘍性疾患などをはじめ一人の医師のみで対応できない場合には長岡市内の総合病院や新潟大学病院などに紹介させていただきます。

現在準備中です。いましばらくお待ちください。

はじめて当病院を
ご利用される方へ

地域連携室だより

求人情報recruit

インターンシップ

病院パンフレットpamphlet

休診日カレンダーcalendar

小千谷の四季

小千谷総合病院の近くから見える美しい自然をご紹介


越後三山と雲海

もっと見る

ページの先頭へ戻ります