JA新潟厚生連 小千谷総合病院

休診日
カレンダー
診療予定表
休診日
土日祝・年末年始・8月特別休日
お問い合わせ
0258-81-1600
予約専用電話
0258-81-1610
(病院診療日 14:00~16:00)
メールアドレス
info@ojiya-ghp.jp
休診日カレンダー 診療予定表 予約する 電話をかける

放射線科
RADIOLOGY DEPARTMENT

X線撮影

検査の特長

 X線撮影検査とはいわゆる「レントゲン検査」のことです。いろんな診療科の先生から指示される、胸やおなかのレントゲン、整形外科などの先生から指示される腰や膝のレントゲンなどがこれに相当し、検査は多岐にわたります。

 今回導入したX線撮影システムでは、FPD(FlatPanelDetector)と呼ばれる検出器によって、画像は数秒で読み取られ表示されますので、息が上手く止まっているか、動きのために画像がブレてないかなどを即時確認できます。またFPDは検出効率が従来の機構に比べ優れているため、今までより高精細な画像を2/3から1/2程度の低線量で得ることが可能となりました。
 X線撮影検査室内は茶系のアクセントウォール、それに合わせた色味の撮影台を設置したことにより、落ち着いた雰囲気の中で検査を受けていただけます。

お願い

 X線撮影検査では、撮影領域内にボタン、ファスナーなどがあると障害陰影となり、これに隠れた病気などの大事な情報を見落とす可能性があります。また、厚すぎる衣服は高精度の検出器によりシワまで鮮明に写してしまう可能性があります。このため、例えば胸やおなかのレントゲン検査では薄手のシャツ1-2枚程度になっていただきます。検査部位に合わせた検査着も用意させていただきますのでお気軽にお申し付けください。

障害陰影になる可能性が高く、外していただくことがあるもの

ボタン・ファスナー・ネックレス・腕時計・派手なプリントや凹凸のある加工が施された衣類、コルセット、湿布など

はじめて当病院を
ご利用される方へ

地域連携室だより

求人情報recruit

インターンシップ

病院パンフレットpamphlet

休診日カレンダーcalendar

小千谷の四季

小千谷総合病院の近くから見える美しい自然をご紹介


越後三山と雲海

もっと見る

ページの先頭へ戻ります